by

イスラム国による日本人身代金要求

昨日イスラム国による日本人身代金要求のニュースを見ていたときに、色々な意見が飛び交っていました。

画像が合成ではないのかとか、護衛の人が裏切ったからだとか。

たしかにつかまっている二人を見比べてみると、光の当たり方や衣服の揺れ方が全然違うようにも見えますし犯人が手に持っているナイフを自分の右手側にいる人にしか向けてないのも不自然なようにも思います。

過去あった、テロリスト達による日本人の身代金要求は解放された方もいれば、遺憾にも殺害されてしまった方もいました。

宗教や利権、それぞれの価値観の差異における主義主張で争うことがあったとしても、折り合いがつかないからとか自分達の存在を誇示するために命を搾取するその手段方法に怒りを覚えます。

今回の事件もお金で解決できるならそれに越したことはないのかもしれませんが、世界各国と対テロ対策の歩調をあわせている日本にとって難しい選択肢でしょう。

なんとかイスラム国と連絡をつけて、対話での人質解放と事件の決着をつけていただければと思います。

世界にまだまだ多くの貧困が残っていて、世の中の絶対的な悪は貧困しかないという話もあります。その貧困がテロを作り、犯罪を作り、暴力で他者から奪うことしか考えられなくなる人間を作ってしまうそうです。

発展途上の国や貧困にあえぐ子供達のために出来る何かを模索していく、そんな必要性を感じさせられるニュースでした。

一刻も早い解放を切に願います。

Write a Comment

Comment