by

若者よ!スマホを捨て、顔を上げよう?

今ではすっかりファッション・アイテムの一つとも成っている、スマートフォン。従来の携帯電話を『ガラケー』と揶揄し、「スマホを持っていなければ、オシャレじゃ無い?」的な風潮もありますね。
電車の中でも着席するなり、全員スマホをポケットから取り出すのを見ると、もう完全に儀式化していると思います。
この多機能で便利なスマホなんですが、ちょっと社会問題にもなっている事があります。所謂「ながらスマホ」です。
歩いている時も、自転車に乗っている時も、車を運転している時にまで画面を注視しています。危険ですよね。
この「ながらスマホ」は他の歩行者や物にぶつかって、事故を起こす危険性を指摘されてきましたが、電車やバスに「乗りながらスマホ」も考えものです。画面に注視する余り、周囲に注意が行き届かず、目の前に高齢者や身体障害者が立っていても知らんぷり。困ったものです。
歩いていても、電車に乗っていても、食事の時にもスマホをいじっているから、バッテリーの残量が無くなってくると、コンセントを探してまわったりしてます。
時にはスマホをポケットにしまい、顔を上げて、景色を見るのも大事だと思います。
「言葉の錬金術師」の異名をとる、昭和の随筆家の寺山修二の作品に「書を捨てよ、街をでよう」がありましたが、その言葉の意味は、「書物からの知識だけに頼らず、世の中を見ろ」です。
その言葉を借りると、「スマホを捨て、顔を上げよう」だと思います。

Write a Comment

Comment