by

私の青春時代のニキビ事件

私は中学時代にニキビがおでこと頬にたくさんできたので、友人にからかわれたりしたので、腹が立ってしまい自分でニキビを潰してはいけないという事は解っていても、からかわれた事にイライラして、自分で自分のニキビを潰し、自傷行為をしていましたが、少しでもからかった友人を見返してやろうと思い、食生活を改善し、今まで肉中心の食生活をしていたのですが、私は野菜類はあまり好んで食べなかったのですが、自分自身も早くニキビが治ったら良いと思ったので努力をしました。

そのほかにも、毎日、朝と入浴時にテレビのコマーシャルでも宣伝されているつかってみんしゃいよかせっけんという商品が宣伝されていたので、商品を通販で注文し洗顔するようにしました。
顎ニキビを治す方法を探していた時に偶然見つけたものです。

すぐには効果は現れませんでしたが、やり始めてから2か月が経った頃には徐々にではありますが、ニキビの大きさが少しずつですがちいさくなっていき、3ヶ月目にはニキビが完全に消えていました。

私の事をからかっていた友人も私の顔からニキビが無くなると前と同じように普通びに接してくれるようになりました。

私が感じたのは、私はニキビの事でからかわれた事があったけれど、絶対友人をからかわないようにしようと決めました。

Write a Comment

Comment