by

ホームベーカリーでパンを作りました

とにかくパンが大好きです。

今日もまたパンを作ります。

今ではホームベーカリーで簡単に作れます。

材料を入れてスイッチポン。

早焼きコースにすれば、2時間30分ほどで出来上がります。

朝仕込んで、お昼に食べるための食パンを作るのがもっぱらです。

チョコチップやアーモンドなんかを入れて、おやつパンとして焼くこともあります。

5年ほど前に、ホームベーカリーを買いました。

レシピ通りに食パンを作ってみたのですが、なんだか出来上がりがイメージと違います。

膨らみが悪く、形も小さいのです。

安いホームベーカリーだったからかなあ。

それでも、材料を入れてスイッチポンで出来上がるのですから、今まで手捏ねで作っていた苦労を思えば楽です。

ちょっと不出来な食パンですが、家族で食べる分には何の問題ありません。

頻繁にパンを作るようになって、ちょっとした不満が。

強力粉やバターの値段、手間暇かけた割りに、あっという間に食べてしまいます。

焼きたてを食べられるという幸せを除けば、ちょっとコスト的にどうかなと思い始めました。

そこで「薄力粉パン」で検索したら、意外とレシピがたくさん!

その中で、ホームベーカリーで作るレシピを選んでやってみました。

材料が1.5斤だったのですが、気にせずレシピ通りに。

すると、これまで以上にふわふわの大きなパンが出来たのです!

薄力粉なのになぜ?

グルテン量は強力粉の方が多いですし、パン作りにおいて薄力粉の方が勝るとは思えません。

よくよく考えてみると、どうやら作ったパンの大きさが原因だったようです。

我が家のホームベーカリーは2斤まで作れます。

それを今まで1斤の材料で作ってきたのです。

当然器が大きいので、1斤の材料では平べったくなってしまいます。

それが、見た目が小さく膨らみの悪そうなパンになってしまっていたのです。

偶然見つけたレシピが1.5斤だったおかげで、この違いに気づくことができました。

今は2斤で作っています。

材料は低コストの薄力粉です。

ふわふわで満足のいくパンが出来るようになったのはいいのですが、ひとつだけ問題が。

さらにおいしくなった2斤の食パンも、あっという間に食べてしまうことです。

パンが大きくなったのに、減るペースが変わらなければ、2倍のカロリーが体内に……

カロリーを考えていては、パン好きはやっていけませんね!

Write a Comment

Comment